"

page top

アンケートの作り方・作成例

  1. アンケートで聞くことを決める
  2. 質問タイプを決める
  3. 質問文を用意する
  4. 選択肢を用意する
  5. アンケートの告知前に最終チェックを行う

アンケートで聞くことを決める

アンケートの目的を決める

何のためにアンケートをするか目的を明確にします。

(例) サービスの改善点を知りたい。
来店の理由を知りたい。

質問する項目を決める

目的を踏まえて質問する項目を考えます。
質問数は最小限にとどめ5分程度で答えられるアンケートを目指します。

質問する順番を決める

似ている内容の質問をまとめたり、質問の順番を決めます。

(例) 年齢や性別などの基本情報は他の質問とは分けて聞く。

質問タイプを決める

同じ内容を質問する場合でも、さまざまな聞き方があります。
どのような質問タイプがあるか実際に見てみましょう。

質問タイプ:ラジオボタン(用意した選択肢から一つだけ選んでもらう)
「もっとも○○なもの」「主に○○なもの」などを聞くときに使います。

質問タイプ:チェックボックス(用意した選択肢からいくつでも選んでもらう)
「○○したことがあるものをすべて」「知っているものをすべて」などを聞くときに使います。

質問タイプ:スケール(段階で評価してもらう)
「どのくらい満足しているか」「どのくらい好きか」などを聞くときに使います。

質問タイプ:マトリックス(複数の項目に同じ選択肢で答えてもらう)
「それぞれどのくらい満足しているか」「それぞれどのくらい好きか」などを聞くときに使います。

質問タイプ:テキストボックス(意見や感想を自由に書いてもらう)
「○○が好きな理由」「○○に対する意見や感想」などを自由に書いてもらうときに使います。

質問文を用意する

質問タイプにあわせて質問文を書きます。
1~2行を目安に、誰にでも分かるやさしい文章を心がけましょう。

良い例

悪い例

選択肢を用意する

選択肢の数は、10~15個を目安に用意します。
また、回答者が「どの選択肢も選べない」ということにならないよう「その他」などを設けます。

代表的な選択肢が不足しており選択肢が少なすぎると「その他」に回答が集中します。

似ている選択肢があるとどちらを選べばよいか迷ってしまいます。

アンケートの告知前に最終チェックを行う

アンケートが完成したら、自分でアンケートに答えてみます。
誤字脱字はないか、分かりやすい文章になっているか回答者の視点でアンケートをチェックします。

  • □ 回答者に負担のない質問ボリュームか
  • □ 質問の順番は適切か
  • □ 質問文は誘導尋問になっていないか
  • □ 質問文は簡潔で分かりやすいか
  • □ 質問文は簡単な表現になっているか
  • □ 質問文にあいまいな表現がないか
  • □ 選択肢の数は適切か
  • □ 選択肢に抜け漏れやダブりがないか

アンケート依頼文の例

作成したアンケートはメールで回答を依頼することが多いですが、
アンケートの回答依頼文をどのような文面にすればよいか、依頼文の例を紹介します。

アンケート集計の結果

クエスタントで実施したアンケートは、回答結果がリアルタイムに自動集計されて、
Web上でグラフに反映されます。
グラフを自分の好きな色や形にカスタマイズしたり、クロス集計やフィルタもかんたんです。

アンケートツール「クエスタント」Questant(クエスタント)は、
ネットリサーチ国内実績No.1の「マクロミル」がつくった、
初心者でもかんたんなセルフアンケートツールです。

かんたん年間20,000件を超える調査実績があるマクロミルの知見やノウハウがシステムに凝縮されていて、初心者でもまるで画面と会話をするように、かんたん、直感的にアンケートがつくれます。

低コスト10問・100サンプルまでは何回でも無料!すべて無制限の通常プラン(年払い)も29,800 円/ 年からご利用いただけます。

スピーディーアンケートの結果は、リアルタイムでグラフに反映。自分の好きな色や形にカスタマイズして、そのままWeb上でプレゼンテーションできます。